ブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ブーフーウーアウトレット
from アウトレットモール【ブランド..
おれがオカズにされたw
from 露出くん
津軽伝統人形芝居「金多豆蔵」
from 五所川原「お湯宿つがる」
大発見だぜ!!
from 簡 単 逆 助 援
ドックンドックン
from 逆 援 助 交 際
呂布キターーーーー!
from ラジコン部のブログ
本町便利堂
from ゼロから始める初心者の菜園
天竜峡ライン下り一日周遊2
from ゼロから始める初心者の菜園
特別講演 三国志・総集編..
from ゼロから始める初心者の菜園
高速バス 大阪 松本
from 高速バス 大阪 松本
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
お久しぶりです(^_^;)
b0103889_2329314.jpgここんとこブログをさぼっちゃってスミマセンm(__)m
4日も休んでしまうと、書き込みしにくい、しにくい。
気分は、久しぶりに登校する学生さんのような気まずさです^^;
とりあえずできる限り、こんなに休まないようにがんばりますので
今後ともよろしくお願いします。

11月の始めに干し始めた「市田柿」も、そろそろ早いところでは粉が吹き始めてきているみたいですね。
今日も、ふと覗いたハウスの中で、だいぶ水分が抜けて細身になった柿が美味しそうな色に染まってきていました。
これに、白い糖分の粉が吹くと「市田柿」の出来上がり(*^_^*)
12月の上旬ぐらいには、あっちこっちで販売されるようになります♪


飯田は紅葉の葉も少なくなり、朝晩は霜で自動車のガラスが真っ白になるようになってきました。
今日は10日のブログで書いた雪虫も、たくさん飛んでいました。
本格的な雪も近そうですね(^^)

千草
[PR]
by ikpm | 2007-11-26 23:30 | 徒然雑記
人形美術館は5時以降がお得です♪
いやはや、寒くなってきましたね~(^_^;)
日も短くって、5時にもなれば真っ暗になっちゃいます。

そんな中、人形美術館に来てくださる皆様の為に人形美術館では明日(11月30日)から
12月いっぱいまで、夕方5時以降に入館していただいた方は入館料が半額に割引になります
一般の方の入館料が400円→200円に(^^)
飯田に遅くに到着したときや、仕事帰りなど是非この機会にフル活用しちゃってくださいね♪


また、夜間割引にあわせて館内映像ホールでアニメーション作品の上映も行われます。
金曜~日曜は、川本先生の 「死者の書」を。
また平日は、短編アニメーションの秀作を集めた「大藤信郎賞 アニメーション全集」から
日替わりで3本が上映されます。

ついつい暗くなっちゃいそうな冬の夕方。
気分転換にお気軽に人形美術館に来て、楽しんでいってくださいね(^^)

 【短編アニメーション上映会】

 ■上映内容:
 火曜日~木曜日·午後6時~
 短編アニメーションの秀作を集めた「大藤信郎賞 アニメーション全集」から3本を上映
  火曜日 「南無一病息災」(1973年、18分 岡本忠成監督作品)
  水曜日 「展覧会の絵」(1966年、32分 手塚治虫監督作品)
  木曜日 「銀河の魚」 (1993年、24分 たむらしげる監督作品)
 
 金曜日~日曜日·午後5時40分~
 「死者の書」(2005年、70分 川本喜八郎監督作品)
 
 ■会場:美術館映像ホール

千草
[PR]
by ikpm | 2007-11-22 12:01 | 美術館イベント・展示入れ替え
展示替え~!!!
なんと、まさかの展示替えが年末に決まりました!!!
1月からは新しい人形たちが登場します(^^)


次回は、お待ちかねの「平家物語」の人形たちが登場!!
「平家物語」、「三国志」の人形が共に見れるようになるわけですヽ(^。^)ノ

そしてなんと幻の人形たちも登場します。
写真集にのみ登場している「江東の二喬」と呼ばれた美女♪
大喬、小喬が登場!!
そして…そして!!
まさかの若い荀彧が登場です~!!!!!


そう、若い荀彧(^^)
人形劇三国志で使ったのは、おじいちゃん姿の荀彧でした。
若い荀彧が作られたのには、あるエピソードがあります。

おじいちゃん荀彧を見た荀彧ファンの子が「荀彧はこんなんじゃありません!!いつかお金を貯めてくるので荀彧を作ってください」と言ったそうです。
そして、ちゃんとお金を貯めて来たため川本先生が若い荀彧を作ったのですが、あまりに出来が良かったんで先生自身も手放したくない程だったそうです。
(もちろん、その時の荀彧はそのファンの方がもらっていますよ♪)

いや~でも、なんかすごいな~♪
私も荀彧は好きなんで、若い荀彧がどんな顔をしているのか、すご~く気になります(*^_^*)

詳しい予定や展示内容などは、人形美術館のインフォメーションやこのブログで随時お知らせしていきます。
今のところ発表されているのは、平家物語:46体 三国志:21体 人形アニメーション「死者の書」:8体 などだそうです。
今後とも、楽しみにしていてくださいね(^^♪

しかし、それに伴い今の人形に会えるのは12月まで!!
ちょっと、もったいないな~。

今の展示も、すご~くいいんですよ!!!
人形アニメーションの人形とかも多く見れるし、黄巾党や十常侍、袁紹・袁術など主役級じゃないけど個性豊かな脇役たちもいっぱいです(^^)
そんな人形たちや、寝巻き改め部屋着姿の孔明先生に会えるのも、あと一ヶ月ちょっと。
皆さん、まだ間に合います!!
是非、そんな人形達に会いに来てください
(*^_^*)

千草
[PR]
by ikpm | 2007-11-21 11:51 | 人形美術館
今度はブーフーウー(^^♪
先日、ミツワの三人娘を乗せましたが、今回は同じく懐かしの川本喜八郎人形制作シリーズから
「おかあさんといっしょ ブーフーウー 」です(^^)

『ブーフーウー』(作・飯沢匡/音楽・小森昭宏/人形・土方重己 川本喜八郎)

…昭和42年ですか~、残念ながら私はこの世に影も形もなかった時代」ですね^^;
けっこう長いんでブーフーウーが出てくるのは2分近くが経ってからです。
声優の一人として黒柳徹子さんが、がんばりやさんのウーくん役で出ていたんですね~。
世代的には見たことない方もいるかと思いますが、川本先生の歴史という事で、もし良かったら見てみてください。

ところで、この「ブーフーウー」の本が去年、理論社さんから復刻されているんですね。
ネットでも注文出来るようなんで興味のある方は、そちらも検索してみてください(*^_^*)

youtube おかあさんといっしょ ブーフーウー http://jp.youtube.com/watch?v=tSXQbMRH9lY

私は「おかあさんといっしょ」、見てたはずなのに、「にこにこ、ぷん」からしか記憶にない^^;
世代的には「ブンブンたいむ」みたいなんですが…?

千草
[PR]
by ikpm | 2007-11-20 01:26 | その他の情報
伊那谷人形芝居公演
b0103889_23564390.jpg寒い~!!!
なんか今日は雪も少しぱらついたようで、飯田にも本格的な冬の足音が聞こえてきています。
なんか普通に最低気温が氷点下なんで嫌になったいますね~^^;

そんな寒い日に「伊那谷人形芝居公演」が行われました(^^)
伊那谷に伝わる人形浄瑠璃の四座を一斉に見ることが出来る
チャンスです♪
とうぜん朝からしっかりと見学…といきたかったのですが、実際に私が見ることが出来たのは、最後から二つのみ。

早稲田人形保存会さんの「一ノ谷嫩軍記二段目」と黒田人形保存会さんの「三十三間堂棟由来」だけでした。
b0103889_23572769.jpg
見てみての感想は「う~ん、やっぱ人形浄瑠璃は面白い!!」という事。
けっこう話のテンポも早いし、喜怒哀楽もハッキリしています。
話も人情物あり、愛憎劇あり、火サスも真っ青の血まみれシーンあり…^^;
人形浄瑠璃というと堅苦しい感じもあるかと思いますが、現代人が見ても十分に楽しめると思います!♪

少なくとも川本先生の人形劇にハマったことのある人は結構いけるはず!!
(まあ、ただ単に私が伝統文化大好き人間だから、という事もありますが…(^^ゞ)

皆さんも機会があったら是非見てみてください。
意外と楽しめますよ~♪

(公演中ストーブのそばから離れなかった、おうちゃく者) 千草
[PR]
by ikpm | 2007-11-18 23:59 | 飯田下伊那の伝統芸能、イベント
美術館近郊のお店 金万
b0103889_22581830.jpg人形美術館から徒歩5分程の所にある、
天ぷらの金万(きんまん)。
飯田の人なら、ほとんどの人が分かると言っても過言じゃない
江戸時代慶応元年創業の天ぷらのお店です(^^♪

写真は「海老穴子上天丼」1780円。
ボリューム満点の海老と穴子がどんぶりからはみ出す迫力!!
こんなにボリュームがあるのに、しつこくなく柔らかく揚っていてサクサクと食べれます(^^)
実に美味しかった♪b0103889_23101385.jpg

今年からは、お持ち帰りの「金むすび(ミニ天むす 5個入り)」も店舗入口で販売されていて
気軽に楽しめます。
季節ごとに中身が変わって、冬は海老とズワイガニだそうですよ。
売り切れちゃう日もあるんで、事前予約をした方が確実かもしれませんね♪
昼のランチメニューは安めだそうなんで、皆さんも是非行ってみてください(*^_^*)


金万 飯田市主税町27
TEL:0265-24-0953
営業時間:11:00~14:00 17:00~20:00
(金むすびは10時から店舗入口横にて販売)
定休日:火曜日(定休日が祝日の場合は振替不定)

千草
[PR]
by ikpm | 2007-11-16 22:50 | 飯田のお店
わわわ~輪が三つ♪
展示替えで「ミツワ石鹸」の三人娘が展示されている事を話すと、けっこうな確立で「わわわ~輪が三つ♪」と歌いだす方に遭遇します(^^)
けっこう印象的なCMだったみたいなんで、いったいどんなCMだったのかな~?
と、疑問に思っていたんですが、先日偶然youtubeで発見しました♪

これ、かわいいですね~(*^_^*)
眼をパチッと瞬かせて踊る姿が、すごく元気でかわいいです♪
何回か見ていると、私の頭の中にも「わわわ~輪が三つ♪」がクルクル回り始めました。
もしよろしければ、皆さんも是非見てください(^^)

 youtube 「ミツワ石鹸」CM http://jp.youtube.com/watch?v=mr2xPhiyhac 

千草
[PR]
by ikpm | 2007-11-14 08:57 | その他の情報
りんごのシーズン真っ盛り(^^♪
b0103889_495232.jpg秋も後半に入り、昨日なんかは風も強くてまるで冬のような寒さでしたね。
長野県でも標高の高い高原の方では雪が舞った地方もあるようで少しずつ冬の訪れが近くなってきてますね~。

そして今の季節は飯田市のシンボルの一つでもある、りんごが真っ盛りなシーズンでもあります♪

特にこの時期には、りんごの中でも最も人気が高い種類の「サンふじ」や「ふじ」が出てきています。
私も「サンふじ」は大好き♪
シャリッとした歯ごたえと蜜がいっぱい詰まるほどの甘みの強さ、
そしてボケにくく長持ち!!
ホントに良い事ずくめのりんごだと思います(^^)

「ふじ」と「サンふじ」の違いは、りんごを作る過程で袋をかけるかどうかで決まります。「ふじ」は袋がけをして栽培するので、りんごの表面の色がきれいです。
それに対し「サンふじ」は袋がけはしませんので外見は「ふじ」に負けますが、太陽の光をいっぱい浴びて甘みが強くってすごく美味しいです♪

りんごの味は、そのりんごが育った土地によってかなり変わります。
また、同じ地区でも農家ごとの味の違いも大きいです。
美味しいふじは、十分に色付いて持つとずっしりと重い感じがします。
これからの時期ぜひ美味しい「サンふじ」を食べてみてください(*^_^*)

ちなみに写真のりんごは、直売所で売っていた大玉で4個で250円!!
まだまだ蜜は少ないほうですが、とってもお買い得♪
信州最高~ヽ(^。^)ノ

千草
[PR]
by ikpm | 2007-11-13 05:10 | 飯田下伊那の特産、お土産など
3館購入割引があります
b0103889_13421.jpg飯田市にある三つの施設「飯田市川本喜八郎人形美術館」
「竹田扇之助記念国際糸操り人形館」 、「飯田市美術博物館」のチケット。
実はそれぞれの施設で、三館セットで販売されているチケットを購入していただくと割引があります(*^_^*)


たとえば「飯田市川本喜八郎人形美術館」なら通常400円のチケットが
300円になるように、それぞれ団体料金でのセット販売となっています。

基本的には三館セットで810円♪
ただし美博などで企画展などの特別展を行っていて、入場料金が変わる場合はそれに合わせて価格も変わります。


人形美術館から飯田市美博までは徒歩10分ぐらい。
糸操り人形館は少し離れていて飯田市座光寺にあるので、電車で元善光寺駅まで行って歩くか、車での移動となります。
人形美術館から糸操り人形館は車で15分ぐらい、元善光寺という長野の善光寺の元祖のお寺の近くです(^^)
三館それぞれ特徴がありますしチケットの有効期限も一日ではありませんので、ぜひ有効に使って楽しんでいただければと思います♪

ちなみに、美博には「安富桜」、糸操り人形館には「麻績の桜」という、それぞれ飯田ではとても有名な桜の名木があります。
まだ遠いですが、春にお花見もかねて巡るのも楽しそうですよ。

美博については、7月28、30日のブログ。
糸操り人形館と元善光寺については、5月16、19日のブログで少し触れています。
もし良かったら、そちらもご覧下さい(^_^)

千草
[PR]
by ikpm | 2007-11-12 01:08 | 人形美術館
冬の使者が今年もやってきています(^^)
b0103889_012357.jpg朝晩の気温が下がり季節の変化を感じるこの時期、決まって冬の始まりを告げる虫が現れます。

少し寒い空気の中、ふんわりと飛ぶ白い飾りを持ったこの虫は雪虫♪
綿虫とも呼ばれますが、私の周りでは雪ん子とも呼んでいます(^^)

体長は3ミリぐらいでしょうか。
この虫が飛ぶようになると、もうじき雪が降る季節になります。
雪のようなお尻に付いた白いフワフワが嬉しくって、小さい頃よく捕まえました。
(たまに失敗して可哀想なことにも…^^;)


このきれいな虫の正体。実はアブラムシの仲間なんだそうです。
でも、この時期白いフワフワを付けて飛ぶ姿は、どうしてもアブラムシとは思えない愛着があります。

今年も2~3日前からフワフワと飛ぶ姿が見れるようになりました。
もうじき初霜も来るんでしょうね。
皆さんの地方では、雪虫はもう飛んでいますか?

千草
[PR]
by ikpm | 2007-11-10 23:00 | 徒然雑記