ブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ブーフーウーアウトレット
from アウトレットモール【ブランド..
おれがオカズにされたw
from 露出くん
津軽伝統人形芝居「金多豆蔵」
from 五所川原「お湯宿つがる」
大発見だぜ!!
from 簡 単 逆 助 援
ドックンドックン
from 逆 援 助 交 際
呂布キターーーーー!
from ラジコン部のブログ
本町便利堂
from ゼロから始める初心者の菜園
天竜峡ライン下り一日周遊2
from ゼロから始める初心者の菜園
特別講演 三国志・総集編..
from ゼロから始める初心者の菜園
高速バス 大阪 松本
from 高速バス 大阪 松本
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧
重要なお願いです。
今日は、皆様にお願いがあります。
今後の参考に、少しアンケートを取りたいんで、ぜひ御協力をお願いします。


 1 美術館で販売して欲しいオリジナルグッズはなんですか?

 2 今後、美術館でどんなイベントを行って欲しいですか?


以上の事に是非、皆様の御意見を頂きたいんです。
いただいた御意見は今後の参考にさせていただきます。
より良い美術館にしていくため、皆様の御協力を是非お願いいたします。

御意見は、ここのコメントかメールでお願いします。

メールの方は、今回はオフ会と同じアドレスへお願いいたします。
オフ会申し込みと混同しないように、必ず件名に「アンケート」と書いて書き込みをお願いします。
メルアド gotoiida★mail.goo.ne.jp
(迷惑メール防止の為、お手数をおかけいたしますがアドレスの★を@に変えて送ってください)

今回はぜひ、幅広い方々の意見を頂きたいんです。
今まで、コメントをしたことが無い方も、匿名でも結構ですのでよろしくお願いします。
一応、6月2日でいったんまとめる予定ですが、それ以降も思いついたら御意見を
いただけたら嬉しいです♪

本当に、ほんと~に、心から皆様の御意見をお待ちしています!!
是非よろしくお願いいたしますm(__)m

千草

(このアンケートは「桃園の会」とは直接の関係はありません。ブログの場をお借りしてしまったことを、
心からお詫びいたします)
[PR]
by ikpm | 2007-05-30 02:03 | 人形美術館
是非、書いてってくださいね♪
美術館の展示室を出たところの机には、御感想ノートが置いて
あります。
先日、少し読んでみたのですが、これがなかなか面白かったんです♪
b0103889_0562540.jpg

初放送の時のファンの方から、美術館で初めて川本先生の人形に触れた方まで、住んでいる場所も、年齢も本当に様々。

同じファンとして激しく共感したり、人形劇三国志の歴史の長さを
感じたり、御意見に納得したり。
一人の方がノートに絵を描いて下さったら、その後に孔明の絵が次々と続いたページも…。

人形の感想としては、今のところ孔明、関羽、曹操が人気が高いようですが、よく読むと徐庶や呂蒙へのラブコールもあったりして、思わず
ニンマリとしてしまいます。
ちなみに個人的には4月に東京から来てくださった方が書いたミニ李儒がヒットでした。
川本先生の李儒って、あのいかにも企んでいる顔がいいですよね♪

意外と面白い、この御感想ノート。
皆さんも、もし良ければ思いのたけを綴っていってくださいね(^^)

千草
[PR]
by ikpm | 2007-05-29 01:30 | 人形美術館
ただ今、「平家物語」放送中です♪
ただ今、時代劇専門チャンネルで「平家物語」の放送が始まりました。
危なかった~、冗談抜きで一分前に思い出して録画に走りました(^^ゞ

あ~、懐かしいな~(^^)
ゆっくり見たいけれど、明日は早番なんでもう寝なきゃ!!
私は、建礼門院さまと、義仲と知盛が好きだな~。
そういえば、小さい頃「平家物語」を買って、と父にねだったら手違いで「源氏物語」を買ってくれたんですがあまりの内容の違いにビックリした事があります。
武士の源氏の物語だと、勘違いして読み始めたんですよね(^_^;)

千草
[PR]
by ikpm | 2007-05-28 01:17 | その他の情報
皆様のおかげです♪
今日は完全な個人感想ブログです、公の場での個人的なつぶやきが苦手な方は、
今日は読まないで下さいね(^_^;)

今日は、26日。
私が、この「桃園の会ブログ」に書き込みをするようになって、ちょうど一月になりました。
たかが一月ですが、本当に様々なことがありました。
日記も続いたことの無いPC初心者の私が、まさかブログの管理人をするなんて正直4月まで
思ってもみませんでした(^^ゞ

まったく個人的なことなんですが、本当は私は4月からは公私混同を避けるためにも「桃園の会」とは
距離を置こうと思っていましたから、この展開には本人がある意味一番ビックリしています!!
なんせ、初めて書き込んだときは、正直投稿のしかたも手探りでしたからね~。

こんな奴ですが、川本先生と作品への愛と、見てくださる皆さんを支えになんとか
ヨロヨロと頑張っています。
ブログを書くということは、その分野のことを知るということでもあるのですね。
日々の出会いや、思わぬ発見など新鮮な驚きもあります(^^)

今年は、先日お伝えしたオフ会の開催なども含めて未知への挑戦が続きそうです。
なんとか、へたれないように頑張りますから、「あ~、コイツ馬鹿だな~」と感じても優しく見守って
もらえたら嬉しいです♪

問題だらけだった「桃園の会ブログ」をそれでも見に来てくれている皆様と、支えてくれる身近な方々。
そして、もちろん川本先生と、美術館のスタッフの皆さんに心からお礼を申し上げます♪

いつも本当にありがとう。 そして、これからもよろしくお願いします(^^)

千草
[PR]
by ikpm | 2007-05-26 23:13 | 徒然雑記
飯田への交通情報
さて、今日は今更の「飯田、交通事情」を少し書きます。
と、いっても私もそんなに詳しくは無いんで、あくまで軽く書くだけになります。
詳しくは、ちゃんと調べてみてくださいね。(う~ん、不親切なブログだ)

まず申し上げたいのが「飯田は圧倒的な車社会だ!!」という事です。
都会の方なんかからすると、長野県=自然の中の健康な生活。
と、言うことになっているみたいなんですが、けっこうな車依存社会です。

なんせ、飯田市は車がないと生活に不自由します。
田舎なんで、電車は1時間に、1~2本。23時には終電を過ぎてしまいます(^^ゞ
バスもあるのですが、やはり行動の自由を考えると車が圧倒的に便利なんです。
その為、県外から来た方が交通の不便さに悩むことも…。

美術館に来る方にも、いろいろなアクセスが考えられると思いますが、
美術館がメインなら私のオススメは高速バスです。
終点の「飯田バスセンター」から美術館までは徒歩5分圏内
(↑大阪便は例外です)

東京からは4時間ぐらい、名古屋からは2時間くらいで来れます。
(それでも十分な遠方ですが…)
ただし、高速が混むシーズンは、渋滞に巻き込まれないことに重点を置いて考えると、乗換えなどは大変ですが鉄道の方がいいことも、たまにはあるみたいです。

飯田市内の移動は、これまた微妙に大変です^^;
バスもあるのですが、慣れないと大変だと思いますし、電車は数が限られています。
人数がいれば少々お高くなりますが、いっそタクシーで割り勘の方が機動力はありますね。
美術館や、その周辺だけなら歩きも可能ですが、少し離れたオススメの観光スポットも
ありますからね~。

本当なら、やはり車社会の飯田には車がベストです♪
機動力、行動範囲の広がりからいっても車がオススメなのですが、遠方の地で移動で疲れきっても
いけませんし悩むところですね。

飯田市内の観光については、美術館の1階に観光案内所があるんで活用してくださいね♪
(密かに、三国志しおりも置いてありますから、忘れずにチェックしてください)

因みに飯田線は「鉄道ファン」の方に、非常に人気があります♪
路線が長いこと、各駅の間隔が非常に短いこと、景色が美しいことなどが原因です。
特に、駅の間隔が非常に短いことは有名で、昔TV番組で下山村という駅を電車と一緒にスタートして、
伊那上郷駅までどっちが早く着くかという企画がありました。
もちろん…人でした^^;
(地形により大きく迂回し、各駅に止まる電車と、一直線に目的地に走った人との競争でした。
 たぶん懐かしの「究極超人あ~る」でもビデオでやっていたような…。)

あれっ…結論がでていないな~^^;
まあ、それぞれ一長一短なんですが、今の時期は観光の比較的落ち着いたシーズン。
ゆっくり見れる可能性が高いので、是非お気をつけてお越しくださいませ。

千草
[PR]
by ikpm | 2007-05-26 00:26 | 美術館への来かた
自転車レースとおばあちゃん♪
b0103889_0245647.jpg今日は、ちょっと人形などからは脱線。
飯田のイベントということで、23日に飯田であった
「ツアー・オブ・ジャパン」という自転車レースの報告です。

今年で3回目の開催となった、山あり谷ありの飯田の地を
駆け抜ける自転車たち。
早いところでは80キロぐらい出たり、けっこうな迫力なんです!!
私は仕事の関係で開催地の下久堅地区には、よく行くの
ですが車で行っても急な登りで、こりゃ大変だな~なんて
思います。
でも、見晴らしは抜群ですね♪

レースも面白いのですが、実はこれ見ている観客の
ほんわかした田舎具合が和むんです。
私が、一番和んだのが、地元のおばあちゃんたち(^^)
どこからともなく、みんな出てきて「ほれ、うちの漬物を食べな」とか、「あんれ、お前さんとこのお孫さんは大きくなったな~」などの話が盛り上がります。
そして、レース途中で、自分の体力に合わせいつの間にか帰ってしまいます♪
                           実に、飯田的でいい感じなんです(^^)

b0103889_0281158.jpg
みなさんも飯田に来たら、きっとそんなお国柄が
堪能できますよ。
ちなみに、出されたお漬物は美味しく食べるのが飯田の
礼儀です!!
下手に断ったりせずに、素直に頂いてその家庭の味を堪能し誉める。それが、飯田流なんだに。

追記:いま家の庭で明らかに、犬や猫じゃない獣が鳴いて
いる。う~ん、田舎だな~(^_^;)

千草
[PR]
by ikpm | 2007-05-25 00:40 | 飯田下伊那の伝統芸能、イベント
五丈原、終わってしまいましたね(:_;)
昨日は、時代劇専門チャンネルの、人形劇三国志の最終話でしたね。
ご覧になった方も、多かったのではないかと思います。

私は、ぎりぎりセーフの一分前になんとか帰宅し、最後まで真剣に観ました。
久しぶりに観て感じたのが、やはりこの作品のクオリティーの高さと人形表現の限りなさでした。
孔明が仲達を走られるところなんか、鳥肌もんでしたから!!

そんな孔明や仲達も、今では美術館で次の舞台に立っています。
先日も、みんな余りに存在感があるので「絶対この人形たちは夜中に動いてるに違いない!!」なんてバカな話をしながら人形を見ましたが、先生の人形にはそれだけの存在感がありますね。

さあ、今度は27日、25時からの平家物語集中放送ですね。
深夜からなんで、忘れないように気をつけなくっちゃ。
[PR]
by ikpm | 2007-05-22 12:14 | 徒然雑記
今日は…五丈原 
昨日の、突然のオフ会の連絡にメールを下さった皆様。
本当にありがとうございます!!
もう、お一人ずつに、ひざまずいて感謝したいほど嬉しいです♪
今回どうしようかな~、なんて考えている方がもしいらっしゃったら、登録だけでもお待ちしています(^^)

そして、このブログをご覧頂いている、オタク以外の皆様。
オタクな管理人でスミマセン(^_^;)
ちゃんと、普通の情報もUPしていくんで、あきれ果てないで気長に覗いてくださいね♪
皆様の、温かいお心が頼りです!!
管理人、千草はオタクですが、好きな雑誌は「サライ」という矛盾に満ちたオタクですから、
ちゃんと普通のブログも書きますからね。

でも、どうしても今日までは暴走してしまいます。
なぜなら今日は遂に運命の「孔明 五丈原に死す」ですから…。
今日だけは、残業も断って23時には帰ってこないと!!

ここからは、人形に関するなんとなくセンチな、今日の個人感想です。
絶対に、怒らない、呆れない人のみ、興味があったら「続き」をクリックしてください。

More
[PR]
by ikpm | 2007-05-21 18:40 | 徒然雑記
オフ会のお誘いで~す♪
先日、コメントで飯田でフェスタにあわせてイベントがあるといいな~。
というご意見をいただきまして、ゼロさんとがんばって企んでみました。
…というわけで。

プチオフ会を開催しま~す!!

その名も 「Go to Iida」

開催時期も含めて、詳細はまだ未定な部分も多いのですが、お昼を食べながら楽しくみんなで話して、その後、美術館に行こうかなと思っています。
川本先生の来飯に合わせられたらいいな~なんて考えてみたり(^^)

しかし一部の方とのオフ会を、ここであんまり話すのもなんなんで、今後はオフ会の進行状況や詳細を
メルマガとして配信していこうと思っています。

もし「参加してもいいかな~」と考えてくださる方がいらっしゃったら、お手数をお掛けしますが以下の
アドレスに、名前とメルアドを送信してください。
後程、メルマガを送らせていただきます。
なお、迷惑メール防止の為、お手数をおかけいたしますがアドレスの★を@に変えて送ってください。
メルアド gotoiida★mail.goo.ne.jp

管理人 ゼロさん 千草

今回のオフ会は、桃園の会とは直接の関係はありません。
純粋に、川本先生のファン同士で楽しみたいな~っていうイベントなんで会員以外の方も興味がある方は、登録してみてくださいね♪
登録していただいた情報は、オフ会の「Go to Iida」以外には使わないことを、お約束いたします。

たくさんの方のご登録お待ちしています(^^)
(コメント下さったはもし良ければHNも記入していただけると個人的に嬉しいです♪)

千草
[PR]
by ikpm | 2007-05-20 12:48 | その他の情報
あの善光寺の発祥の地なんです(^^
b0103889_184711.jpg
長野県を代表するお寺、といえば長野の善光寺が頭に浮かぶ方も多いのではないでしょうか?
その善光寺、実は元々はこの飯田にあった事をご存知でしたか?

そう、元々あったから「元善光寺」飯田市が誇る歴史あるお寺です。

もともと善光寺は、この飯田市の座光寺地区の住人、本多善光卿が難波の堀江でめぐりあった御本尊を背負って帰ってきて、祀ったたのが始まりなんだそうです。
その後、勅命により御本尊は長野市へ遷座されましたが、飯田には同じ御尊像が
木彫りで残されました。

その時、仏勅によって「毎月半ば十五日間は必ずこの麻績の故里に帰りきて衆生を化益せん」という
ご誓願があったそうで、長野の善光寺と飯田の元善光寺との「両方にお詣りしなければ片詣り」
なんて云われています。
ちゃんと、月の半分は里帰りするというんですから、マジメな仏様ですね♪
b0103889_2312211.jpg
そして、そんな善光寺の名物といえば、お戒壇めぐり(^^
もちろん元善光寺にもあります♪
本堂右手の入り口から地下へと続く通路に入って、
暗い通路を壁をたどって歩くというものです。

本尊の真下にたどりつくと、そこには極楽往生できるという
開運の錠があるので、ご利益を求めてしっかり触れてみてください。
因みに暗闇は「黄泉」、出口の光は「再生」の意味だそうです。

…しかし本当に真っ暗だ!! 容赦なく真っ暗だ~!!!
閉所及び、暗所恐怖症の方には、正直オススメでません(^^)
でも、その不安のドキドキ感から出てきたときは、本当にホッとします♪

今回しっかりガチャガチャ触れたんで、罪深い私も、少しは極楽に行けるでしょうか!?

因みに善光寺の特別御開帳と時を同じくして、七年に一度、御本尊の御開帳がおこなわれます。
次回は2010年ですね。
あと、皐月がいっぱいのお寺なんで、この時期はキレイですよ~♪

場所はJR飯田線元善光寺駅から徒歩で約7分。
先日ご紹介した「竹田扇之助記念国際糸操り人形館」もすぐ近くです(^^)

千草
[PR]
by ikpm | 2007-05-19 18:42 | 飯田下伊那の観光