ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ブーフーウーアウトレット
from アウトレットモール【ブランド..
おれがオカズにされたw
from 露出くん
津軽伝統人形芝居「金多豆蔵」
from 五所川原「お湯宿つがる」
大発見だぜ!!
from 簡 単 逆 助 援
ドックンドックン
from 逆 援 助 交 際
呂布キターーーーー!
from ラジコン部のブログ
本町便利堂
from ゼロから始める初心者の菜園
天竜峡ライン下り一日周遊2
from ゼロから始める初心者の菜園
特別講演 三国志・総集編..
from ゼロから始める初心者の菜園
高速バス 大阪 松本
from 高速バス 大阪 松本
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:飯田下伊那の特産、お土産など( 3 )
りんごのシーズン真っ盛り(^^♪
b0103889_495232.jpg秋も後半に入り、昨日なんかは風も強くてまるで冬のような寒さでしたね。
長野県でも標高の高い高原の方では雪が舞った地方もあるようで少しずつ冬の訪れが近くなってきてますね~。

そして今の季節は飯田市のシンボルの一つでもある、りんごが真っ盛りなシーズンでもあります♪

特にこの時期には、りんごの中でも最も人気が高い種類の「サンふじ」や「ふじ」が出てきています。
私も「サンふじ」は大好き♪
シャリッとした歯ごたえと蜜がいっぱい詰まるほどの甘みの強さ、
そしてボケにくく長持ち!!
ホントに良い事ずくめのりんごだと思います(^^)

「ふじ」と「サンふじ」の違いは、りんごを作る過程で袋をかけるかどうかで決まります。「ふじ」は袋がけをして栽培するので、りんごの表面の色がきれいです。
それに対し「サンふじ」は袋がけはしませんので外見は「ふじ」に負けますが、太陽の光をいっぱい浴びて甘みが強くってすごく美味しいです♪

りんごの味は、そのりんごが育った土地によってかなり変わります。
また、同じ地区でも農家ごとの味の違いも大きいです。
美味しいふじは、十分に色付いて持つとずっしりと重い感じがします。
これからの時期ぜひ美味しい「サンふじ」を食べてみてください(*^_^*)

ちなみに写真のりんごは、直売所で売っていた大玉で4個で250円!!
まだまだ蜜は少ないほうですが、とってもお買い得♪
信州最高~ヽ(^。^)ノ

千草
[PR]
by ikpm | 2007-11-13 05:10 | 飯田下伊那の特産、お土産など
五平餅は美味しいんだに(^^)
b0103889_271113.jpg長野県の郷土食といえば、蕎麦やおやきが思い浮かぶ方も多いんじゃないかと思います。
それも間違っちゃいないんですが飯田で地元の味といったら、やはり五平餅(ごへいもち)だと思います(^^)

五平餅は、ご飯を丸めて串に刺して炭火で焼き、甘めの味噌を付けて仕上げた郷土食♪
信州ではこの飯田市を含む伊那谷や木曽、そして岐阜、
東海・三河地方にも伝わっています。
形が神道で神に捧げる「御幣」に似ているから「ごへいもち」というらしいんですが、現在は形も味もお店や地方ごとにまったく味が違います。

飯田では、よく五平餅で思い描く「ぞうり型」よりも、どちらかというと食べやすいように丸型を2~3個串刺しにした形がメジャー。
味噌も味が店によって違い代表的なところでは、柚子みそ、胡桃みそ、山椒みそ、胡麻みそなどで甘さも様々です。
美味しいところの五平餅を、あったかいホカホカで食べると、う~ん美味しい♪
やっぱ、地域の味です(*^_^*)

飯田ではあっちこっちで販売しています。
地元のスーパーや、農産物の直売所、そしてもちろん専門に扱っているお店も。
一店、一店、味が違います、飯田に来たら、やはり五平餅!! 是非、食べてみてくださいね(^^)
真空パックでお土産にできるお店もありますよ♪

千草
[PR]
by ikpm | 2007-10-28 23:51 | 飯田下伊那の特産、お土産など
りんごの里はオススメなんです(^^)
b0103889_2305380.jpg飯田に観光観光に来たとき、個人的にオススメなのが
りんごの里です♪

「りんごの里」はJAみなみ信州の農産物直売所です。
飯田には他にも農産物の直売所や無人販売があって、
どこも個性的で美味しくてオススメなのです。

なかでも「りんごの里」は飯田インターから車で1分も
かからないような位置にあり、飯田インターを利用する
方には寄りやすいんです。
b0103889_3125610.jpg
農産物直売所では、新鮮な季節の野菜や果物をはじめ、加工品から
地方の特産物まで幅広く販売しています。
「りんごの里」は朝の9時からオープンしているんですが、地元の人も多く訪れ、特に土日は大勢の人で賑わいます(^^)
私も、よく行きますよ~♪

この前、ここにUPしようと思って改めてゆっくり見て回ったのですが、
定番の美味しい農産物から、漬物、蕎麦、手作りジャムやジュースなど
いかにも信州だな~といった物をはじめ、鯉の甘露煮や五平餅など
伊那谷特産の物。
さらには、伊那谷の名物でよくバラエティー番組の罰ゲームに食されるアレまで… ^^;
本当により取り見取りです♪

b0103889_3144889.jpgちなみに今回個人的にヒットしたのは、これ!!
遠山郷の鹿と猪の缶詰でした。しかも、絵がかわいいのです♪
この缶詰の横には鹿カレーがあって、それもお味が気になるところです。

ちなみに、鹿や猪の農作物などに対する食害の事もあり、さらには山国だと
いうこともあり、この辺ではこれはあまりビックリする事ではないんです。

私の、前の職場では、飲み会に必ず自家製の鹿刺しが出ました。
(まあ、ちょっと特殊職でしたが…)
馬刺しよりちょっと臭みがあるけど、普通に美味しくたべれましたよ(^^)


まあ、ちょっと変わった特産品ばかりピックアップしてしまいましたが、採れたての農産物は
本当に美味しいです♪
夕方には、本当に品数が減ってしまうんで早めに行ってみてくださいね。b0103889_3575885.jpg

あと、「りんごの里」の中に南信州観光公社があり、パンフも置いてあるので観光情報の収集などにとても便利です。
また、ここは高速バスの伊賀良の停留所と乗車券売り場も兼ねており、
バス停横にはタクシー乗り場もある本当に便利な複合施設です(^^)

(この南信州観光公社さんの企画はとても個性的で評判がいいです♪)

「りんごの里」は年内は無休で、9時~18時までやっていますが、
人気の高いものから売れるのも早いので、早めの時間がオススメです。

場所は飯田インターを下りて、最初の信号「飯田インター」を右折してすぐ
左側に入り口があります。

「りんごの里」の隣には、大手家電ショップの「エイデン」さんがありますので目印にして下さい。
(次の信号「飯田インター東」まで行っちゃったら、行き過ぎています。
そこで左折して「エイデン」さんの方から入ってください)

ちなみに、この「りんごの里」以外にも、飯田には多くの直売所や、無人販売があります。
それぞれ個性があり、本当に美味しくてオススメです。
飯田の観光の際には是非寄ってみてくださいね。

千草
[PR]
by ikpm | 2007-07-04 02:32 | 飯田下伊那の特産、お土産など